やる気が出ない 英語学習

英語学習においてやる気が出ない日というのは、いつしか必ずやってきます。

その原因は様々ですが、「英語ができるようになりたい」とか「英語が話せるようになりたい」という思いはあるものの、手が進まない場合は、ドーパミンの不足が原因の可能性があります。

 

脳内物質ドーパミンってなに?

脳の中には、脳内ホルモン(神経伝達物質)が存在します。

聞いたことがある方も多いと思いますが、ドーパミンもその一つであり、快楽と関係していることで有名ですね。

ドーパミンは「楽しい!」などの快楽の感情の他にも、実は、運動調節、ホルモン調節、そして学習意欲を含む意欲全般の増減に関係しています。

「したい」とか「やりたい」というやる気があって行動を起こす場合に、ドーパミンが作用し、行動に移すことで我々は学習していきます。このように、やる気を発生される学習の強化因子としてドーパミンは働いてくれています

CHECKつまり、やる気満々にするためには、このドーパミンをどのようにして脳内から発生させるかがカギとなります。

ドーパミンを増加してやる気をみなぎらせる8つの方法

楽しい

あらゆる方向からドーパミンは増加させることができます。

次の7つの方法をみていきましょう。

 

笑おう

 

常に楽しそうな人は、幸せそうですよね。

ドーパミンもたくさん出ています。

つまり、実際に幸せなのです。

「笑うこと」は、医学的にも免疫力向上、脳の活性化に役立つことが認められています

楽しむこと、笑うことというのは、思考と深い関係があります。

「楽しい出来事を経験したから笑う」のではなく、思考を変えて、「笑うから楽しくなる」と考え、たくさん笑うことを心がけましょう。そうすれば、いつか本当に楽しくなります。

いつも笑顔でいることを心がけていると、脳が活性化されることも実証されています。

不平不満など批判的なことを言うクセがあると、ドーパミン量は逆に減少していきます。

CHECK理由はなんだっていいです。まずは1日1回でもいいから、笑うことから始めましょう。

運動・エクササイズをしよう

運動と脳科学の名著である「脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方」でも書かれているのが、運動の素晴らしい効果です。

特に、ランニングなどの運動はドーパミンを放出させ、ドーパミンは気持ちを前向きにしてくれます。そして幸福感が高まり、注意システムを活性化させることができます。

「注意システムを活性化させる」というのは、簡単にいうと英語学習の際に集中力が上がるということです。

つまり、運動することで、「やる気」と「集中力」の両方を獲得することができるのです。

しかも、それだけではありません。

運動を習慣化させると、脳のドーパミン貯蔵量を増やすことができます。

さらに、ドーパミン受容体を作る酵母がより生成されて、脳の「報酬中枢」にある受容体そのものが増えます。

POINTつまり、運動を習慣化すると、もっと「やる気」と「集中力」を高めることができるということです。

小さいことにも感謝しよう

「感謝」することはとっても大事です。

感謝は喜びを生みます。喜びは、快と深く関係しており、ドーパミンを発生させます。

「そうか、では感謝しよう!」と思ったとしても、最初は難しいものがあります。

そうです、感謝するというのは一種のスキルととらえた方がいいのです。

その感謝するコツは、英語学習継続のコツはこの3つのポイントを知っているかどうかの違いでも伝えています。

CHECK「感謝する」ということは一種のスキル。感謝スキルを磨こう。感謝のコツはコチラ

 

良質な睡眠をとろう

 

睡眠障害は、脳内物質の放出を妨げます。

寝不足はダメということです。

寝不足というのは生活習慣やストレスなど、いろいろと絡み合っています。

慢性の睡眠不足は精神的な不安定にさせ、イライラしたり怒りっぽくなったり、病気になったりまします。

夜に眠れなくなって、朝に起きないという場合、自律神経や食生活にまで悪影響がでてきます。

睡眠にはテアニン、ストレスにはGABAが必要です。

CHECK 睡眠の質向上とストレス軽減に認められたサプリなども利用して改善できるところから、改善していきましょう。

 

好きなもの・おいしいものを食べよう

 

好きなものやおいしいものを食べると脳からドーパミンが放出されることがあります。

お寿司でも焼肉でもラーメンでもフランス料理でもなんでもよいです。

好きなものを極力食べるようにしましょう。

CHECK食べ過ぎは厳禁!節度を保って好きなものを食べましょう。

 

自分にご褒美を与えよう

 

脳の「報酬」にかかわる「報酬中枢」というものがあります。そこにドーパミン受容体があり、ドーパミンと結合します。

言い換えると、ドーパミンは、報酬と深く関わりがあります

そのため、ご褒美を与えられると、脳内に、ドーパミンが放出されるようになっています。

ご褒美を決めることができるのは、親や上司だけではありません。

自分でご褒美を決めてもいいのです。

  • 1週間連続で英語の勉強を5分でもしたら、欲しかったアレを買ってもいい。
  • 1週間以内にこの映画の英語を聞き取れるようになったら、好きなものを食べてもいい

など、自分でルールを作ってやると、楽しさも倍増です。

CHECK自分でルールを作って、報酬をゲットしよう。

 

恋愛をしよう

 

心がときめいたり、ドキドキしたりするとドーパミンが増加します。

心がときめくというのは、恋愛に代表することです。

ただ、恋愛を実際にしなくても、美しい写真やものをみたり、何か本を読んで素敵なストーリーに感動したり趣味に勤しんだり、仲の良い友人とお話ししたりするだけでも大丈夫です。

CHECK心がときめくような体験をしよう。

 

栄養バランス

 

ドーパミンは、栄養源は、たんぱく質です。

必須アミノ酸やアミノ酸を含む食品を取ることがそもそもドーパミンを生成するために重要なこととなります。

ドーパミンを生成には、必須アミノ酸、ビタミンB群(特ビタミンB6、ナイアシン)、ミネラル(鉄)を摂取する必要があります。

必須アミノ酸は大豆食品、お肉(牛肉、鶏肉、豚肉)、魚に多く含まれます。

ビタミンB群(特ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)は、とうがらし、米ぬか、にんにく、バジル、パセリなどに含まれています。

ナイアシンは、まいたけ、たらこ、かつお節、コーヒー、ココアなどに含まれています。

ミネラル(鉄)は、ひじき、いわのり、あさり、パプリカなどに含まれています。

特に成長期の子供は必須アミノ酸が成長のために不可欠であり、不足しがちにもなります。

食事で摂取を心がけ、補助的にサプリメントを使用するのが賢い摂取の仕方です。

アミノスパルタンGOLDは、必須アミノ酸がバランスよく摂取できます。

Dr.Senobiruは子供に最適でスポーツをやっている子を持つ親御さんの間ではとても有名な子供用サプリです。

CHECKサプリも活用して、必須アミノ酸、ビタミンB群(特ビタミンB6、ナイアシン)、ミネラル(鉄)を摂取しよう。

 

 

おすすめの記事