トロントで部屋探しできるおススメサイト

トロントは日本人の留学先として人気度がかなり高いわりに日本人コミュニティはかなり小さく、日本食品なども手に入りにくい環境にあります。

だからこそトロントは異文化を経験するのに最適な場所だといえるのですが、知らないと死活問題になってくるのは部屋探し。

住む部屋はそれ次第でトロント生活が一変してしまうくらい重要なことです。

トロントでは9カ所住んだことがあるので、その経験を活かしておすすめのトロントで部屋探しできるサイトを紹介します。

トロントへ行く前に部屋探し

まず大前提として、トロントへ留学やワーホリを行くと決めたら「トロントに行く前に」必ず部屋探ししておきましょう。

ただし、これは留学エージェントに任せておけばホームステイを簡単に手配してくれるので安心して大丈夫です。

自分ですべての手続きをする人だけ、注意してくださいね。(万が一のことがあるので全部自分でするのはおススメしません。)

留学エージェントは「留学くらべーる」を利用すれば、一括で留学エージェントのパンフレットを入手することが可能です。

無料なので利用するといいです。

HAPPY留学は、賢い情報収集から!
「留学くらべーる」で無料一括資料請求♪<留学くらべーる>



トロントで部屋探しする方法

ここからが問題です。

留学やワーホリ前にホームステイ先を決定しているのにトロントで部屋探しをすることになる理由があります。

トロントで部屋探しをすることになる理由

トロントで部屋探しをすることになる理由は、

  • ホームステイの値段が高い
  • ホームステイ先と相性が悪い
  • 一人で住みたくなる
  • シェアハウスに住みたくなる
  • 学校の近くに引っ越したい
  • 職場の近くに引っ越したい
  • 友達の近くに引っ越したい
  • 好きな人と暮らしたい

などなど多肢に渡ります。

特に多いのがホームステイ代が高くて資金的に困ってくる場合とホームステイ先と相性が合わない場合です。

ホームステイは留学エージェント経由だと信頼できるホームステイ先を紹介してくれるので最初はとってもありがたいサービスです。
ただ、当然ですが仲介手数料をとっているため、自分で生活するよりは値段が高くなってしまいます。

ホームステイがずっとできる潤沢な資金があるならいいのですが、ホームステイ先と相性が合わないケースもあります。

ホームステイ先と相性が合わないというのは、門限があるとか、夜ごはんを一緒に食べるかどうかをイチイチ連絡しないといけないとか、ホームステイ先のご飯がおいしくないなど、いろいろあります。

かくいう私もホームステイ先のご飯がどうしても好きになれず3週間でホームステイ先を出ることになりました。

トロントで部屋探しをする場合は次のような方法があります。

  1. 留学エージェントに別のホームステイ先を紹介してもらう
  2. 友達に住める場所がないか紹介してもらう
  3. 部屋探しサイトで探す

留学エージェントに頼ると、仲介手数料の件は解決されません。

友達はその時点でいれば頼るといいですが、空き部屋を知っている友人は少ないです。

そこでとても力強い味方になるのが部屋探しサイトです。

トロントのおすすめ部屋探しサイト

自分で見つけられるようになるのが、一番安定して安心感があります。

以下の部屋探しサイトを知っておけば特に問題なく住む部屋を見つけられちゃいます。

しかも日本語のサイトもあるので、英語初心者の人でも安心して大丈夫です。

たくさんありますが、私はe-Mapleとcraigslistを使っていました。

英語初心者、トロント初心者はe-Mapleを使えばOK

この2つで十分だと思います。

英語がまだまだ初心者のころは、日本語サイトで日本人が使うためのサイトであるe-Mapleを好んで使用していました。

e-Mapleの「トロント・クラシファイド (部屋貸します : 貸し部屋)」というところで借りることができる部屋が見つかります。

慣れてきたら英語サイトのcraigslistを挑戦しましょう

英語やトロント生活に慣れてきたら、ぜひ英語サイトを利用してみましょう。

おススメは、craigslistです。

craigslistはサイト時代は従来的な印象を受けますが、昔からある利用率と信頼性の高い素晴らしいサイトです。

実はcraigslistは日本でも使われているインターナショナルなサイトです。

craigslistの場合は、住まいだけでなく、仕事探しにも使ってみるといいですよ!

部屋探しする場合は、「housing」の「rooms / shared 」などをチェックしてみるといいです。

一つ注意点

シェアハウスにたまにあるのですが、住んでいる人が掲示板で人探しをしているシェアハウスがあったりします。

それがシェアハウスのオーナーなら問題ないのですが、なぜかシェアハウスを借りた人が次に住む人を探している場合があります。その場合はやめといた方がいいかもしれません。

なぜならその部屋を借りた場合、あなたも同様シェアハウスを出るときにその部屋の次の人を探す羽目になるからです。

トロントのシェアハウスは敷金や礼金といった意味不明なシステムはありません。デポジットといって最後の月の家賃を最初に預けるくらいで、それは家賃として出ていく最後の月に使われる仕組みなので、住んだ分だけ支払う合理的なシステムです。

また女性オンリーのシェアハウスとかもたくさんあるので、安心して大丈夫ですよ。

まとめ

トロントでの部屋探しは、最初のホームステイ先で満足できる環境であればそのままホームステイ先にい続けるという選択肢も全然ありだと思います。

せっかくトロントにきたんだから他の環境にも住んでみたいとか、自分で部屋探しを経験してみたいという場合は、臆することなく挑戦してみるといいですよ。

この経験はトロントにいるときにしかできない貴重な経験になりますから。

お金にはならなくてもあなたの人生の輝く思い出になって、自信の一つのカケラになります。

他にも良いトロント生活をするために、トロントですべきことトロントで注意すべきことがあるので、合わせて確認してみてください。

 

おすすめの記事